建設業界を目指す人が知っておくと良い情報を伝えます

>

非肉体労働系の仕事の種類とは?

非肉体労働の種類を確認

建築業は、身体を使い建物を造ることや、足場の組み立て作業のような基礎となる仕事はあります。しかし、非肉体労働の仕事がないと、お客さんのニーズに合う商品を提供することができません。

いくつか挙げると、電気工事関連の仕事があります。建物の使用において電気使用は欠かせないため、送電線網の設置や整備だけでなく、電気調査の仕事があります。各種、電気工事関連の資格を取得しておくと、仕事の幅が拡がります。

設計や経理も、建設業では欠かせない仕事です。建物の内外観の間取りやデザインに関するイメージを作成して、建物の建設へと繋げます。時には現場監督的な役割も求められるでしょう。事務系は、決算書をはじめとした経理帳簿や、境界線をはじめ土地使用の許可書の作成などのスキルが求められます。また、電話などの顧客対応もするため、接客のスキルも要ります。

その道のプロを目指すことと休みの取り方

電気工事や設計のような仕事でも、専門資格の取得を目指すのは可能です。電気工事であれば、施工管理士を目指すのも良いです。設計であれば、設計書を作成するだけでなくデザインに関するスキルは要ります。近年では、3Dのようなグラフィック性の設計を作成する場合も増えています。プログラミング関連のスキルも、仕事をする際に大きな武器となります。

経理の仕事をするなら、少なくても簿記3級程度の知識は求められます。その道の専門家を目指すなら、建築業計理士を目指すことも有効な手段です。ただし、ある程度のキャリアや実績を積んでからにしましょう。

各種長時間集中して行う仕事ですが、適度に休息をとるなど休みを取るのもパフォーマンスを高めたりミスを防ぐうえで欠かせません。特に経理であれば月末や決算期は忙しくなりがちなので、仕事配分の調整は必要です。そのうえで、様々に試しながら自分に合う休息の取り方を見つけましょう。


この記事をシェアする