建設業界を目指す人が知っておくと良い情報を伝えます

>

建築業界で働き続けるために欠かせないスキルを押さえる

難関資格の取得を目指す場合

建築の仕事をする際に、専門資格の取得を考える人が少なくありません。最初は、鳶や電気工事をはじめ業種に関連した資格の取得を目指す所から始めましょう。資格取得ができて、仕事でも着実にスキルを積めば、上級資格の取得も可能です。

建設業において難関資格の1つである、1級建築士の取得ができれば、お客さんへの大きな信頼を提供できます。特に、独立開業を図る人であれば、大きな武器となるでしょう。なお、2級建築士の取得ができれば、すぐに試験が受けられます。ただし、合格率は10パーセント前後なので、簡単ではありません。

その他、経理や設計関連、管理に関する資格の取得をする方法があります。得意分野を磨く場合や仕事の幅を拡げる目的で、自分に合った資格取得の受験をするのも良いでしょう。

1人の社会人であることは忘れないで

建設業とは、ものづくりをして完成度の高いものを造れば良いと考える人はいます。しかし、お客さん相手の仕事なのは、忘れないようにしてください。現場作業の人は少ないかもしれませんが、接客があります。お客さんが何を求めているかを汲み取るスキル以外に、話しやすい雰囲気を出すことも欠かせません。 

普段の身だしなみにも注意しましょう。たとえ現場作業員とはいえ、汚れた服で仕事をすると人に良い印象を与えられません。塗装や溶接の仕事をする人は仕方ない時がありますが、できるだけ意識しておきたいポイントです。

服装以外に、靴や手袋のような作業をする際に必要な道具は安全性の高いものを使用しましょう。怪我の防止にも繋がるため、自分の身を護れます。安全な仕事を目指せるため、お客さんへも質の高いサービスを届けられます。小さな部分の目配りもしましょう。


この記事をシェアする